こまもり箱ができるまで

セット内容とメッセージ箱 作成の流れ

標準でお届けするセット内容

当店のメッセージ箱をご購入いただいた皆さますべて、以下の内容を標準セットとしてお届けしております。

桐箱

画像:桐箱
縦138mm×横188mm×高さ37mm

日本では古くから大切な物を桐箱で保存していました。桐は防虫効果も高く、湿度を一定に保つ機能も持つため、大切なものを長く保管するのにとても適しています。大切な印鑑もしっかり守る役割を果たします。

また、印鑑と共に必要になりそうな、通帳・パスポート・母子手帳なども、一緒に保管できるように設計しております。便利な保管箱として、大切な「宝箱」としても長くご利用いただけます。

画像:桐箱利用イメージ

内風呂敷・外風呂敷

画像:外風呂敷 画像:外風呂敷
縦550mm×横550mm
すべてこの白い内風呂敷・外風呂敷に包み、お届けいたします。

風呂敷包みなら、何度でも開け閉めが可能です。親戚の集まりで皆の前でお見せすることができます。

「こんなの作ってみたよ。」「みんな、見て。」「わぁ、すごいね。」「感動するね。」

そんな皆さまの笑顔あふれるひと時を想像しながら、この風呂敷包みでお届けしております。

メッセージ箱作成の流れ

長らくお客様の声を聴きながら印鑑をお彫りしてきた私たち小林大伸堂の経験上、人生の節目の贈り物には、強い想いや願いを秘めていることを感じておりました。

そこをしっかり受け止め、メッセージ刻印という新たなカタチにして、お届けしたいと考えました。
「聴いた内容をただ刻印する」という伝言刻みではありません。

お客様に寄り添い、お客様の人生に少し触れさせていただくことで、その想い・願いを共有し、カタチにするお手伝いをしたいと考えております。

このように、ヒアリングで受け取った内容を熟慮し、刻印するメッセージを検討いたします。何度かの確認をしながら、最終的に桐箱に刻んでお届けいたします。

以下で、その流れを具体的に説明いたします。

step1 メッセージのご要望をじっくりヒアリング

お客様がメッセージ箱にこめる想いをしっかり形にできるよう、スタッフひとりひとりがじっくりとお客様に向き合ってお話を伺い、サポートをさせていただいています。

  1. 1 画像:ヒアリング
    お客様の「メッセージ箱にこめたい想い」をじっくりとお聞きします。
  2. 2 画像:メッセージ作成
    お客様からヒアリングした情報をもとに、ライティング担当者が文字や桐箱に刻印するメッセージを作成します。
  3. 3 画像:内容チェック
    複数の担当者の目線で内容をチェック。
    メッセージ案は、さまざまな角度からブラッシュアップしていきます。
  4. 4 画像:メッセージ例
    メッセージの例。
    印面や桐箱に刻むイメージを作成しお客様に確認します。お客様にご確認を行った後、内容を確定します。

step2 桐箱へのメッセージ刻印

お客様から、メッセージ内容のご了承をいただきましたら、メッセージを桐箱に刻印していきます。

  1. 1 画像:
    メッセージを、桐箱に刻印していきます。
  2. 2 画像:刻印
    間もなく完成です。
  3. 3 画像:刻印完了
    桐箱への刻印が完了しました。
  4. 4 画像:仕上がりチェック
    メッセージ内容に相違がないか、文字がつぶれて読みにくくなっていないか、全体的に問題ない仕上がりかどうか、しっかり確認します。

step3 お客様へお届け

ご注文いただいた印鑑を1つ1つ和紙包みにセットし、中風呂敷で包み込んで桐箱に設置します。桐箱が整ったら、最後に外風呂敷でお包みし、段ボール箱にお入れして発送いたします。

  1. 1 画像:発送手順1
    大切な印鑑に傷がつかないよう、赤ちゃんのおくるみをイメージした和紙に包み込みます。
  2. 2 画像:発送手順2
    1本1本ていねいに確認してから、中風呂敷におさめていきます。
  3. 3 画像:発送手順3
    中風呂敷で印鑑を包み込むように折りたたんでいきます。
  4. 4 画像:発送手順4
    下に折り込んで中風呂敷のセットが完了です。
  5. 5 画像:発送手順5
    メッセージが刻まれた桐箱の蓋をしっかり閉めます。
  6. 6 画像:発送手順6
    最後に外風呂敷でお包みして完了。箱にいれてお届けします。

取り扱い印材について
古くから印材として使用されている伝統印材に加えて、鉱物印材も取り扱っております。

印鑑の種類とサイズ
印鑑の種類や用途によるサイズの制限はありませんが、一般的には、男性なら実印は15mm以上、銀行印は13.5mm以上、女性なら実印は13.5mm以上、銀行印は12mm以上とされています。