“しるし”ができるまで

小林大伸堂は、印鑑は単なる認証の道具ではなく、ご自身の前向きな気持ちを後押しするものと考えています。「決意」や「願い」を、八方位や画数に込めて形にすることで、より前向きな気持ちで歩んでいただけることを願っています。人生に寄り添う、特別な一本になりますように。

彫刻する文字について

「印材」や「サイズ」を選ぶ

外字・旧字について