印鑑の種類とサイズ

まずはじめに

出産を機に作成される方へ

出産を機に「こまもり箱」と一緒に印鑑を作成される方の中には、お守りや、命名の記念として印鑑を作成される方もいらっしゃると思います。このページでは、一般的な印鑑の用途やサイズについてお話しますが、お守りや出産記念として印鑑を作成される場合、従来の常識にとらわれず、どうぞお好みのサイズや彫り方(名前・フルネームなど)を重視しておつくりください。

種類ごとのおすすめサイズ

図:印鑑のサイズと一般的な用途(男女別)の使用イメージ。詳細は以下本文を参照してください。

印鑑の種類について

男性の実印

男性の実印は「フルネーム」で掘るのが一般的です。文字数が多くなる分、15mm以上の大きなサイズをおすすめします。

女性の実印

女性の実印は、一生変わらない「お名前よこ書き」を選ばれる方が多く、当店からもおすすめしております。サイズは13.5mmが一般的です。
「よこ書き」の場合、慣習として、右から左に読めるように字入れします。

男性の銀行印

男性銀行印は代々続く「苗字よこ書き」での彫刻をおすすめいたします。サイズは13.5mmが一般的です。
お金がタテに流れぬようにという縁起からも「よこ書き」をおすすめします。
「よこ書き」の場合、慣習として、右から左に読めるように字入れします。

女性の銀行印

女性銀行印は「お名前よこ書き」での彫刻をおすすめいたします。サイズは12mm、13.5mmが一般的です。
お金がタテに流れぬようにという縁起から 苗字・お名前銀行印は「よこ書き」をおすすめします。
「よこ書き」の場合、慣習として、右から左に読めるように字入れします。

認印

認印の字入れは、男女とも「苗字たて書き」の彫刻をおすすめいたします。
サイズは、男性の場合12mm以上、女性の場合10.5mm以上をおすすめします。

お電話での問い合わせ

LINEでの問い合わせ