こまもり箱

「名前に込めた想い」が
一生の形になるギフト

中身

“こまもり箱”は、「たった一人の幸せを願って命名した名前」にカタチを与えることで出来上がります。

時を超えて、子を見守る「こまもり箱」

中身

それはまるで、
「おじいさんの古時計」のように
我が子の一生に寄り添います。

それはまるで、
「タイムカプセル」のように
出産時の想いを未来へ届けます。

贈った後は、
「お守り」のように
我が子「心の支え」になります。

STEP①
名前に込めた願いを刻む

写真

「名前」に込められた溢れるほどの想いをを伺い、伺った想いを一生消えないメッセージとして刻印します。

写真

STEP②
我が子の「大切」を保管する

写真

印鑑や通帳、母子手帳、お食い初めで使ったスプーン、写真や手紙など、我が子の「大切」を詰め込んでいくことができます。

STEP③
「人生の節目」を演出

写真

成人や結婚など、人生の節目に贈ることで、長い年月をかけて見守ってもらったことが伝わり、感動の演出ができます。

写真

その後、箱の中身は変わっていったとしても、我が子がこまもり箱を開けるたびに、 親の愛情を感じられることから、心の支えとして我が子の人生に寄り添い続ける、一生ものの贈り物となります。

20年前の両親から届いた
贈り物に涙

「もらった本人目線」のショートムービーです。

「贈った親目線」のショートムービーです。

選ばれた理由

◆誕生した記念を形として残しておきたかった。
◆誕生した時の気持ちを忘れずにいたい。
◆将来、我が子が“こまもり箱”を見るたびに、
「愛情を持って育てられたこと」を実感してほしい。

“こまもり箱”の使い方

我が子に贈るまでの間、“こまもり箱”をどのようにお使いですか?

写真
イラスト

「預金通帳」を保管し、将来プレゼントします

親戚からもらった出産祝い金などを貯めておくために、子ども専用の銀行印を作って、子ども名義の銀行口座を作りました。将来、積み立てたお金と印鑑をこの桐箱にいれて、子どもに渡したいと思っています。印鑑と一緒に入れておけるので便利です。(埼玉県S様)

イラスト

「母子手帳」まで一緒に入れています

子育て中は母子手帳を頻繁に使うので、毎回、使い終わったらこの桐箱にしまうようにしています。これを使い始めてから、「あれ、どこにいったっけ?」ということがなくなりました。(東京都N様)

イラスト

「思い出ボックス」として大活躍

子どもの大切なものを入れる「思い出ボックス」として使っています。銀行の通帳や母子手帳はもちろん、「へその緒」や「乳歯」なども桐箱に一緒に入れています!子育てで忙しいときだから、大事なものを一か所にまとめておけるのは安心ですね。(東京都W様)

費用

一生の贈り物として
適切な金額になっているか?

贈った後

成長後も利用できるか?

伝わる想い・受け取る感動

贈る側の想いが伝わるか?
受け取る側に感動があるか?

イラスト:命名書
命名書の場合
○
数千円〜1万円(自作もできる)
△
成長すると使えない
×
伝わりにくい
イラスト:衣類・おもちゃ
衣類・おもちゃの場合
△
数千円程度
金額は低め
×
成長すると使えない
△
うれしい
イラスト:名入れアイテム
名入れアイテムの場合
△
数千円〜1万円
やや低めの金額
×
成長すると使えない
△
うれしい
イラスト:印鑑
印鑑の場合
○
1〜3万円
妥当な金額
○
成長しても使える
○
想いが伝わりうれしい
イラスト:印鑑+桐箱メッセージ
こまもり箱+印鑑の場合
○
2〜5万円
妥当な金額
○
成長しても使える
○
想いが具体的に伝わり
感動する

商品一覧

願いを込める“こまもりのしるし”の特徴

“こまもりのしるし”は、名前の画数を吉数に調整し、8つの方角に伸びる運気から強調したい運気を3つお選び頂き、が、お一人お一人オーダーメイドにておつくりします。こまもりのしるしについて

名印想ロゴ

こまもり箱とのセットに

    写真
    子を想い、見守り続けるアイテム
  • 命名書

    ①こまもりスプーン

    ¥10,450(税込)

    お食い初めにおすすめ。
    鹿児島県産の本つげを福井の彫刻家が1本1本手作業で削りだして作るスプーンに、名前に運気を込めた印影を刻印してつくるメモリアルスプーンです。

  • こまもりの根付

    ②こまもりの根付

    ¥4,950(税込)

    お子様のお守りにおすすめ。
    願いの運気を込めてつくる印影が入った根付は、保育園・幼稚園バッグやランドセルに付けることで、離れている時間も我が子を見守り続けます。

  • こまもり印鑑

    ③こまもり印鑑

    ¥10,450~(税込)

    120年以上印鑑を作り続けてきた小林大伸堂の開運印鑑です。銀行印として、我が子のお守りとしていかがでしょうか。

「はじめての贈り物」を
「一生の宝物」に

生まれてはじめての贈り物

あなたのお名前の由来は?

あなたのお名前にはどんな由来がありますか?
その漢字、ひらがな、響き、イメージ。
そこにはきっと、ご両親や祖父母からの想いや願いが、大切に込められていることでしょう。

人が生まれてはじめて受け取る贈り物、それが「名」です。
「姓」はその人を育んだ家系を表し、
「名」はその人のために生み出されたものです。
共に、その人のためのたくさんの想いがあることを示しています。

名前とは、
「人生最初のギフト」
「強い想いが込められた最大のギフト」

なんですよね。

イラスト

新たな命に、どんな想いを込めましたか

お子さん、お孫さんが産まれるまで、どんな名前をつけようかと悩まれたことでしょう。

お父さん、お母さんの名前から1文字を使おうか。
大切なあの人につけてもらおうか。
こんな風に育ってほしいな、といった想いを込めたいな。

名前について考えたひとときも、きっと幸せな思い出となるでしょうね。

イラスト

「どんなことにも真剣に取り組める子であってほしい。」
「父親から継承された一字を引き継ぎたい。」

「やさしく、人を助けられる子になってほしい。」
「母親が大好きな一字を使いたい。」

など、名前には名付け親の価値観が込められているものです。

人生の中で繰り返し繰り返しその名前を呼ばれることで、その価値観が、いずれお子さんの「アイデンティティ」となっていくのかもしれません。

イラスト

込められた「想い」「願い」

伝えたいのは、名前だけ?

大人になるまでにきっと誰もが一度は思ったはず。
「なんでこの名前なのかな?」と。
もしかしたら「他の名前がよかった」なんて思ったこともあるかもしれません。

でも、こどもの名前を考えたご両親や祖父母なら、もちろんわかるはず。
名前には文字や音だけではわからない想いがたくさんつまっていることを。

その想いをお子さんもきっと知りたいはずです。

イラスト

名前に込めた想いを伝えましょう

名前に込めた深い想い、それをお子さんにも伝えましょう。

名付けた時の想い、込められたあふれる愛情や願い。
それらを知ることができたら、お子さんにとって、その名前は宝物としてより輝きだすはずです。

私たちは、その想いを受け取り、カタチにするお手伝いをしています。

想いを受け取り印鑑をお彫りする。
想いを受け取りメッセージとして桐箱に刻印する。

名前に込めた想いや願いをカタチに。
そのお手伝いいたします。

イラスト

名前に込められた想いを、一生のかたちに

「こまもり箱」は、何度も語りかける

名前は人生最初のギフト
強い想いが込められた最大のギフト
一生使う最長のギフト

「こまもり箱」も同様です。

生まれてすぐ命名理由を刻み、大切な場面で登場し、一生大切にされるギフトです。節目節目の大切な場面に、「こまもり箱」は何度も語りかけてくれることでしょう。

「必ずもっている」名前をカタチできるギフトは他になかなかあるものではありません。だからこそ「こまもり箱」は、身近な方が贈る出産祝いとして選ばれています。

イラスト

「こまもり箱」は人生の大切な場面で開くもの。
新たな覚悟や希望を込めて一歩を踏み出す時、ご本人も色々なことを考えることでしょう。

贈られた時の想いを胸に抱き、大切なご両親、祖父母に見守られていることを思い出し、勇気を持ってまた前に歩みだします。

受け継がれた「姓」と、生み出された「名」に、「想い」が込められた「こまもり箱」は、ご本人の未来に、これからも大きく貢献していきます。

イラスト

お客様の声

写真

特別なオーダーメイド品というのがとても魅力的でした(M様)

特別なオーダーメイド品というのがとても魅力的で、一目で娘のためにお願いしたいと思いました。 ホームページの「名前に願いを」というのが素敵です! また、そろそろ銀行印を作りたいと思っていたので、こちらも特別なものをお願いできてとても嬉しいです。 画数や運気も考えていただけるところも、選んだひとつの理由です。 娘が20歳になったら記念に渡したいと思っていますし、もし第2子が産まれた時にはまたお願いしたいと夫婦で話しています。

大きくなったら、通帳を桐箱に入れて渡そうと思います。(S様)

桐箱はもちろん美しくて、それに加えて、ラッピングもとても素敵でした。 柔らかくて繊細で、大切なものが包まれてる予感がするものでした。 先日通帳をつくったので、大きくなってそれを渡すときに、桐箱に入れて渡そうと思います。 子どもに何を残せるかな、何を残してあげるのがいいかな、と思うことがあります。 写真や情報はスマホの中に大量にある一方で、あまりモノを増やすのは嫌で、写真を印刷することすらほとんどありません。 この桐箱のように、上質で強い想いのこもったものだけ残していけるのはとてもよいなと感じます。 心のこもった贈り物、本当にありがとうございました。

インタビュー(作成事例)

  • ギフト

    お子様の出産祝い

    3人目のお子様の出産を機に、“こまもり箱”を作られたご夫妻のインタビューです。

  • ギフト

    お子様の出産祝い

    我が子の誕生を記念し、こまもり箱を作成されたお客様のインタビュー記事です。

  • ギフト

    お孫様の出産祝い

    お孫様の誕生を記念し、こまもり箱と印鑑を作成されたお客様のインタビュー記事です。

  • お客様の声

    20歳になった時に渡そうと思います。男の子なので、上手に気持ちを伝えるタイミングもないかもしれないので(反抗期とかで・・・

    お客様の声の続きはこちら